宗教 おやさま物語 天理教

天理教中山みき|教祖逸話篇その深い思いに馳せる!

更新日:

ミヨピン
こんにちは!柚子っ子ミヨピンでーす!
通りがかりの人
こんにちは!ミヨピンまたまた通りすがりでやってきました。前回のみき様の生い立ちをお聞かせいただきありがとうございました。どうしても続きの生い立ちが気になってやってきました。
ミヨピン
そうですね、また会長さんと共に調べていきましょう!


中山家での出来事

会長さん
そうですね、おやさまは中山家に嫁ぎとても良く出来たお嫁さんでしたね。それから一時して、しゅうとの善右衛門様(文政3年6月11日62歳)で出直されました。(亡くなる)
ミヨピン
おやさまは相当悲しまられたんじゃないですか?
会長さん
親孝行でお優しいおやさまは大変嘆き、悲しまられたのですよ

この年お子様を懐妊されます。

秀司様 おまさ様 おやす様 一家お幸せに暮らされる!

ミヨピン
おやさまにお子様がうまれたのですか?
会長さん
そうですね、ご長男秀司様を文政4年7月24日おやさま24歳でお生みになられたのです。そして長女おまさ様、次女おやす様が誕生され、お幸せに暮らされてました。
ミヨピン
お姑のきぬ様はどうされていましたか?
会長さん
おやさまはお姑のきぬ様にも親孝行の限りを尽くされ、お仕えしお慕いしていましたがお出直しされました。(翌分政11年4月8日)
ミヨピン
相当悲しまれたでしょうね!

おやさまのお慈悲で心入れ替え良いひとに!

会長さん
おやさまの家に米倉に泥棒が入り、皆がその泥棒を捕まえ役所につきですと言ったのですが、おやさまは米倉に忍び込んで入るとは、貧に困ってのことであろう!その心がかわいそうや!お米をもっていきなされ!と言われました。
ミヨピン
えっ!お米あげたんですか?きっとこの泥棒さん改心したでしょうね!


預かり子黒ぼうそうになりおやさま願掛け!

通りがかりの人
なにか聞くところによると、自分のお子様と引き換えに、人のお子さんの命を願掛けして助かったということ聞いたのですが?
会長さん
そうですね、近所の主婦が5人も子供をなくし、6人目の子を産んだのですが、お乳が出ずに困っていて、おやさまはその子を引きっとってお乳をあたえられました。しかしその子が不幸にも黒ぼうそうにかかり、医者もさじをなげるほどの病でした。
ミヨピン
えっ!預かった子供さんにそんな病気になるなんて、おやさまご心配が大きかったですね

会長さん
そうなんですよ!おやさまは自分がお世話してる子供が死んでは、申し訳ないと、氏神様に百日のはだし参りをされたのです。むりなねがいではございましょうが、預かり子の命をどうぞお助け下さいませ!そのかわり男の子一人のこし娘二人の命をさしあげます。それでもふそくなれば願みちたそのうえは私の命もさしあげます。天の神様に通じたのか預かり子はたすかりました。

ミヨピン
えっ!良かったですね!これでおやさまも安心ですね!
通りがかりの人
いやいや!ミヨピン安心じゃないんですよ。おやさまのお子様が亡くなったんですよね!会長さん!
会長さん
おやさまは、自分の子供をと・・・!祈願どうりおやす様が4歳でむかいとりとなり、おはるさま、おつねさまとお誕生されたのですが、おつねさまがむかいとりとなりになりました。
ミヨピン
えっ!そんな!神様はおやさまの祈願をきかれたのですか?
通りがかりの人
自分のお子様の命、自分の命を差し出すことはできないことですな

まとめ

ミヨピン
会長さん、通りすがりおじさん今日はおやさまの生い立ちを前回と 前々回と三回にわたってひも解いて調べて頂きありがとうございました。おやさまのご性格の素晴らしい優しさがよーくわかりました。又次回をご期待ください


にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
ぽちっとね♫

 

-宗教, おやさま物語, 天理教

Copyright© ミヨピンの癒しのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.