お天気

梅雨にはどうして雨ばかり降るんだろう!|雨がふる謎を探ろう!

投稿日:

ミヨピンでーす!
こんにちは!柚子っ子ミヨピンでーす!
アメちゃん
こんにちは!はじめましてミヨピン、アメでーす!よろしくお願いします。
ミヨピンでーす!
アメちゃん!今日は一緒に梅雨の勉強を、お天気お兄さんと共に、やっていきましょうね


どして雨が降るの?

お天気お兄さん
日本の多くの地域では、毎年、6月になると、梅雨になりますね。
アメちゃん
そうなんですよ、今年は奄美は5月7日頃で4日早く、沖縄は5月8日頃一日早く梅雨にはいりましたね。
お天気お兄さん
アメちゃん!スゴーイ!よく調べてますね。なぜ、この時期には雨の日が続くのでしょうか?
アメちゃん
空から降ってくる水が雨、ん~ん考えてみると何だかふしぎだな~!

 雨が降るしくみ

 

お天気お兄さん
目にはみえないけれど、空気には、水分がふくまれています。この水分が「水蒸気」といいます。この水蒸気の温度が高いほど、たくさんの空気の中に入るこむことが、できます。温度が低いと入りこめません。温度が高く、水蒸気がたっぷり入り込んだ空気が冷やされると、入っていられなくなった水蒸気が、ホコリなどにくっつて水のつぶにもどり、目にみえるようになります。
アメちゃん
水蒸気をふくむ空気が空高く上がって行くんだ!
お天気お兄さん
空の上のほうでも同じことがおきます。地面の近くの空気が上がっていくと、気温が低いので、冷やされます。すると、水蒸気が水(氷)のつぶになり、このつぶがたくさん集まって、雲ができるのです。
アメちゃん
アッ!そなんだ~!、雲は空気が冷やされ、水蒸気がホコリなどにくっつて雲ができるんだ!
お天気お兄さん
雲の中では、小さな氷のつぶや水のつぶがくっつきあって、だんだん大きくなりますよ。するとアメちゃんどうなると思いますか?
アメちゃん
わかった!くっつきつぶ達が重くなって、空にうかんでいられなくなって、雨になるんでしょう?
お天気お兄さん
アメちゃん!そのとおりですよ!雲の中では、氷のつぶです。その氷のつぶが大きくなって、地上近くになって氷がとけて、水に変わって雨☔になるんです。氷のつぶがかたまりがとけずにそのまま降ってくるのが、雪❄なんです


梅雨(6月)になると雨ばかりふるの?

アメちゃん
6月になると、へっちやかめっちゃか雨☔ばかりふるんだけどどうしてですか?
お天気お兄さん
そうだね、雨ばかりで梅雨には、たくさん降りますね!

そのしくみを探ってみましょう!空気にはあたたかいと軽くなり、冷たいと重くなる性質があります。

地球上には、あたたかい空気のかたまりと、つめたい空気のかたまりがあり

あたたかい空気とつめたい空気が、ぶつかりあうと

あたたかい(軽い)空気は、つめたい(重い)空気の上に乗っかってしまいます。

あたたかい空気はどんどん空の上の方へと、あがっていって、雲ができます。

雲はあたたかい空気と、つめたい空気がぶつかっているところにできるのですよ

アメちゃん
あっ!ぶつかりあってけんかしてるみたい!
お天気お兄さん
あめちゃん、そうなんですよ!このぶつかっているところを「前線」といいます。

日本にはなぜ梅雨があるの?

お天気お兄さん
日本の近くの空には、四つの「気団」とよばれる、日本全体をすっぽりつつむくらい大きな空気のかたまりがあります。

ひとつはオホーツク海気団といって北海道の北のオホーツク海上にあります。つめたくてかわいた気団です。

もうひとつは、日本の南の上にある、小笠原気団といいます。あたたかくて水蒸気がたっぷり含んだ気団です。

アメちゃん
 おしくらまんじゅうだ!「梅雨前線」って天気予報でよく聞くけどこのことですか?
お天気お兄さん
アメちゃん!そうなんですよ、この二つの気団がぶつかって前線ができ、雲ができます。また、おなじくらいの力だから、なかなか前線は動かないのです。こうやって日本の上にいすわることになるのです。梅雨の時期には、雨が長くふりつづくことになるのです。いすわる前線を梅雨前線といいます。

梅雨はなぜ「梅」の「雨」と書くの?

ミヨピンでーす!
お天気お兄さん、梅雨のこといろいろわかりました。最後に質問です、梅雨はなぜ「梅」の「雨」と書くのですか?
お天気お兄さん
日本では、丁度梅雨時期に、梅が実をつけるためですよ。日本のように、その時期の旬の食べ物の名前をつけているところは、ないそうですよ。
ミヨピンでーす!
日本の季節を表す梅雨は素晴らしい言葉ですね


にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
ぽちっとね♫

 

-お天気

Copyright© ミヨピンの癒しのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.